都市伝説ブロガー大阪闇男

巷の都市伝説をわかりやすく紹介しています。

抑えておきたい!都市伝説ワード②

今日は前回の『抑えておきたい!都市伝説ワード』第2弾です。
数多くある都市伝説を聞いていると、知らないワードが出てきて「あれ?今のなんだろう?」って思う瞬間があると思います。
色んな都市伝説が繋がっていることも多いので、このブログで紹介しているワードを覚えておくと役立つ時が来る、かもしれません(笑)。
では簡単に紹介していきますので、是非読んでみて下さい☆

 

f:id:yasuyasi:20220318170844j:plain

➀ヘブライ語
イスラエルに住むユダヤ人が主に用いている言語。
古代イスラエルに住んでいたヘブライ人が母語として用いていたものを古代ヘブライ語と言い、西暦200年頃に口語としとては滅亡した。
話し言葉としては使用されなくなったが文章言語としてはずっと存在しており、現在では現代ヘブライ語として復活を遂げている。
日本語との類似点が多くあり、何らかの深い関係があるのではと噂されている。

 

②ヤハウェ
旧約聖書や新約聖書における唯一神。ユダヤ教の神。
名前はヘブライ語が4つで構成されているが、正確な発音はわかっていない。神聖四文字とも呼ばれる。

 

f:id:yasuyasi:20220318171340j:plain

③クババ
シュメール文明時代のキシュ第3王朝に存在したとされる女王。実際のところ、本当に存在したのかも含め、詳しいことはわかっていない。
都市伝説界では、宇宙人であり人類に知恵を授けた存在ではないかと言われている。

 

④アヌンナキ
シュメールの神。都市伝説界ではクババ同様、宇宙人であり当時の猿人を遺伝子操作して人間を創造したのではと言われる。
人間の肉体を作ったものがアヌンナキ、その肉体に知恵を授けたのがクババということになる。

 

⑤トランスヒューマニズム
科学技術を用いて人間の身体と認知能力を進化させようという思想。超人間主義。世界的に広まっているが、日本での支持者は少ない。
マイクロチップを体内に入れることで、鍵を持たずに家のドアを開けるなどの技術は実際に利用されている。
人間のサイボーグ化という言葉がしっくりくるかもしれない。

 

⑥ニック・ボストロム
スウェーデン人の哲学者で、オックスフォード大学教授。世界トランスヒューマニスト協会の設立者。トランスヒューマニズムの第一人者。

 

⑦ムーンショット計画
内閣府の政策。2050年までに、人が体、脳、空間、時間の制約から解放される社会を実現するという計画。
実際にニュースなどで語られることが少ないことから、都市伝説とされているが実在する政策である(ホームページ有)。
個人的な見解になるが、トランスヒューマニズムに近い。

 

f:id:yasuyasi:20220318171512j:plain

⑧メタバース
コンピューターやコンピューターネットワーク内の仮想空間。仮想現実。
世界的に力を入れている商業的な分野とされているが、都市伝説では将来的に脳だけを残し、人が仮想空間で暮らすことができるかもしれないと言われている。

 

今回の都市伝説ワードはここまでです(^^)また定期的にこのシリーズは続けていきますので、時々見に来て頂けると嬉しいです。
ではまた次回のブログで。